残業が少ないのも魅力

美容皮膚科での看護師の仕事は給料が高くなるというメリット以外にも、夜勤や残業が少ないというメリットもあります。病院で看護師の仕事となると、休日だろうと平日だろうと関係無く看護の仕事をしてもらわないと困るため、どうしても夜勤が付きものですが、美容皮膚科では患者さんが入院することもありませんので、基本的に夜勤はありません。きっちりと時間が決められており、営業時間が長いクリニックの場合には20時あたりまで営業することもありますが、19時や18時に閉めてしまうクリニックが多いです。もちろん残業が全く無いというわけではありませんので注意が必要ですが、大それた時間の残業などはありませんので安心してください。

世間のカレンダーと一緒に休日があったり、決められた時間までしか営業しなかったりと、時間的なメリットが大きいのが美容皮膚科で働くことの大きなメリットとなります。世間と一緒のカレンダーで仕事ができるとなれば、予定も立てやすく、プライベートな時間も充実することでしょう。友達との遊びも予定が立てられますし、家族との時間もしっかりと確保できる。美容皮膚科で看護師として働くことは、給料以外にもメリットがあるのです。

給料と仕事内容は?

美容皮膚科の給料は基本給と各種手当、そして仕事の出来高によって決められることになります。手当としては一般的な扶養手当から住宅手当などがそれに該当し、病院などの医療機関と比較して美容皮膚科の手当も遜色無いはずです。そして出来高についてですが、こちらは営業成績によって決められることになります。「看護師なのに営業?」と思った方、その通りです。美容皮膚科は基本的に自由診療の分野の医療サービスを提供することになり、医療機関というよりはどちらかというと一般企業に近い存在となります。クリニックの営業成績が良ければその分給料も高くなり、逆に営業成績が悪いと給料が低くなるという特徴があります。それでは仕事内容について見ていきましょう。

美容皮膚科で働く看護師の仕事内容としては医師が行う診察の補助が基本となり、この他にもお客さんを接客する受付業務などになります。ポイントになるのは、接客業務の中にカウンセリングも含まれるという点です。カウンセリングは施術内容をしっかりと伝え、お客さんとの齟齬が発生しないようにするための重要な仕事です。クリニックの顔になって、お客さんとコミュニケーションを上手に取る必要があります。

美容皮膚科の看護師求人は…

平成27年度人事院統計書によれば、総合病院などの医療機関で働いている看護師の収入は519万円となっており、一般的な企業で正社員として働くのと比較しても引け劣らない数字になっています。1カ月の給料はおよそ35万円ですが、この数字は平均年齢が37歳での値となっています。年齢別では20代で28万円、30代で33万円、40代で35万円となっており、これにボーナスなどが加わることで、収入が割り出されます。この数字を見て「少ないな」と感じた方は、おそらく看護師の仕事の過酷さを知らない方なのではないでしょうか。看護師は基本的にシフトを組んで仕事にあたることになり、夜間に仕事をすることもあれば昼間に仕事をすることもあるという、生活リズムが不規則になってしまいがちな仕事の代表ですので、給料は妥当か、既に看護師として働いている方からしたら少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。そして、行き着く先は看護師の資格を活かして転職したい、もっと良い給料の職場は無いものか、というもの。

美容皮膚科の看護師求人は、転職を目指す看護師の方ならば目にしたことのある方が多いのではないでしょうか。求人票には月収30万円を超える金額を提示されているものが多く、これに加えて出来高で給料がアップするというもの。もちろんボーナスもあって福利厚生もしっかりしている。となれば転職しようかどうか悩ましいものでしょう。当サイトでは美容皮膚科での看護師の役割や仕事について紹介していきます。転職を希望の方はぜひ参考にしてみてください。